Ryo Murakami + duenn - moire

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 360円
  • EMS (Ship Overseas)

    海外発送の場合

    全国一律 2,000円

Ryo Murakami + duenn - moire

1.one ment6
2.Rust
3.wald
4.nonexistence

KYOU-025

https://soundcloud.com/kyou-records/moire-ryo-murakamiduenn

本作『moire』はインダストリアル/ダーク・アンビエント・サウンドで知られるRyo Murakamiとアンビエント/ドローン作家duennの共作アルバムである。このいっけんまったく相反する個性は、どのような音響を生成したのか。本作はその興味深い試みの記録であり、現代の音響感覚を象徴するダーク・アンビエントの結晶である。

<作品概要>
『moire』は、まぎれもなくRyo Murakamiとduennの音響が「交錯」する競作でありながら、二人の個性が「融解」しているアルバムでもあった。「交錯」と「融解」の境界線が消失し、新しい生命体=音響の誕生のごとき未知のアンビエント/ドローンが生成していた。
Ryo Murakamiとduennの初競作アルバムが、このように予想を超える「交錯/融解」を実現したことに深い驚きを禁じ得ない。単なる交錯ならば、ありえる。普通の融解ならば、予想が付く。しかし『moire』の「層」となっているノイズやドローンを聴き込んでいくと、いったいどちらが手掛けた音なのか?という認識は、いつしか逆転し、無化し、その問いかけが意味をなさなくなる瞬間が多々あった。「個」を超えた「音響空間」の誕生とでもいうべきか。「人間以降のドローン/アンビエント」を思わせる未知の響きを『moire』のノイズや持続音は、確かに鳴らしていた。  デンシノオト

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する